名古屋で会社を設立するならの記事一覧 - 名古屋での会社設立に必要なことって?

HOME » 名古屋で会社を設立するなら

名古屋で会社を設立するなら

会社は2種類ある?

起業を考えるとき、作る会社にも2種類あるのを知っていますか?
株式会社と合同会社の2種類です。
これらは日本全国どこでも作れる会社で、もちろん名古屋での会社設立でも好きな方を選べます。
どちらを選ぶかで作る会社の特徴も変わりますし、手続きフローも変わります。
この点も知っておくといいでしょう。
≫ 『会社は2種類ある?』

代行サービスがおすすめ

名古屋での会社設立手続きを知ると、自分ですべてできるか不安に思うこともありますよね。
そんなときのために手続き代行サービスもありますから、安心してください。
このサービスを使えば、起業手続きなどを何も知らなくても困りません。
このサービスを使うと、手間のかかりやすい会社設立の手続きを代わりにやってくれます。
利用者の側でやる必要のあることがかなり減りますので、手続き面での負担がグッと軽くなります。
≫ 『代行サービスがおすすめ』

名古屋では会社設立サポートは受けられる?

名古屋での会社設立に興味はあっても、起業できるイメージがまだ曖昧な方も多いでしょう。
そんなときはサポートを利用できると心強いですよね。
そのようなサービスは、名古屋にたくさんあります。
自力での会社設立に自信がない方は、これらサポートの利用も考えるといいです。
≫ 『名古屋では会社設立サポートは受けられる?』

名古屋での会社設立の手続き

名古屋での会社設立は、このエリアで手続きフローをこなせばOKです。
定款の作成などは日本全国どこでもできますが、その後の手続きには公証役場と法務局での手続きがあります。
これはどこでもできるものではなく、そのエリアにある事務所で手続きしないといけません。
ここをどこでやるかで、起業地は変わります。
名古屋が本店所在地での会社設立なら、名古屋を管轄する公証役場と法務局での手続きとなります。
コレを必ず忘れないようにしてください。
≫ 『名古屋での会社設立の手続き』

名古屋での会社設立の方法

名古屋で会社設立するときの方法は、定款を作成したあと、それを関係機関に提出することです。
法務局での登記まで終われば、会社設立も完了です。
コレが基本的な方法で、これ以外の方法はありません。
定款を作成しなかったり、公証役場や法務局などへの申請をしなかったりすると会社設立はできませんので、注意してください。
≫ 『名古屋での会社設立の方法』