会社は2種類ある? - 名古屋での会社設立に必要なことって?

HOME » 名古屋で会社を設立するなら » 会社は2種類ある?

会社は2種類ある?

起業を考えるとき、作る会社にも2種類あるのを知っていますか?
株式会社と合同会社の2種類です。
これらは日本全国どこでも作れる会社で、もちろん名古屋での会社設立でも好きな方を選べます。
どちらを選ぶかで作る会社の特徴も変わりますし、手続きフローも変わります。
この点も知っておくといいでしょう。

会社設立フローとしてよく紹介されているのは、だいたいは株式会社の例ですね。
こちらがメインで紹介されやすいのは、会社の数は株式会社の方が多く、起業希望者もこちらを選ぶ方が多いからです。
その手続きフローはまず定款を作り、それを公証役場で認定してもらってから登記という流れですね。

これとは変わるのが、合同会社の場合です。
一般的にこちらの方が設立も簡単です。
特に株式会社にこだわる理由がない方は、合同会社の設立の方をオススメされることもありますね。
手続きフローは基本的に同じですが、公証役場での認定が不要です。
つまり定款を作れたら、そのあとすぐに登記の手続きになるわけです。
それが終われば会社は完成ですから、株式会社よりも簡単に会社を作れます。

ちなみに名古屋にある会社設立サポートですが、どちらの種類の会社でも対応できる場合がほとんどです。
株式会社に対応できるサービスがほとんどですから、それよりも設立難易度の低い合同会社なら、対応も簡単なんですね。
このように会社やその設立フローにも2種類あり、どちらか好きな方を選べます。

選び方もご紹介しておきましょう。
これら会社の大きな違いは、知名度や信頼度の差です。
知名度が高く、信頼されやすいのは株式会社の方です。
シェアでいえば、この会社の方が圧倒的に多いですからね。
会社として一般的な信頼などを得たいときは、こちらを選ぶのが基本です。
法人同士の取引を考えているときなど、株式会社としか取引しない会社もありますので、注意してください。
そのような知名度や信頼度が特に必要ない方は、合同会社でも十分です。
こちらでも会社として十分な機能はありますので、個人事業主のような形で細々と運営できればいい方は、こちらを選ぶのもいいでしょう。