会社を設立するときにかかる費用 - 名古屋での会社設立に必要なことって?

HOME » 名古屋で会社を設立するなら » 会社を設立するときにかかる費用

会社を設立するときにかかる費用

名古屋で会社設立するには費用が必要です。
株式会社の場合、基本的には24万2000円ほどかかります。
その内訳や、費用が必要になる手続きについてご紹介しましょう。

定款の作成を自分でやる場合、これは無料でも作れます。
これは現在PCで作って印刷するといった作り方になりますから、ここまでは多くの方がすぐに対応できるでしょう。
定款の完成度のチェックは、公証役場や法務局などにお願いすれば、やはり無料でチェックを受けられます。
そこで修正点が見つかれば直し、またチェックを受けるといった形で完成させてください。

この定款が完成したあと、公証役場での手続きになりますが、ここから本格的に費用が必要となります。
まず定款を紙の文書で作った場合、収入印紙が4万円分必要です。
そしてこれから受ける定款の認定手数料に5万2000円が、また別に必要です。
コレらを持って公証役場に行きます。

認定が終わったあとは登記になりますが、ココでは登録免許税が必要です。
株式会社の設立に関する登記では、15万円になります。
こちらもまた収入印紙を購入するか、もしくは登記手続きの当日までに銀行振込をし、その証明となる書類を用意するか、どちらかが必要です。
いずれにせよ、登記には15万円ほどかかるんですね。
合計すると、株式会社の設立には24万2000円必要になります。
名古屋での会社設立を考えているなら、この費用は手数料として用意しておくと安心です。

この費用はもっと安くできるでしょうか?
定款を電子文書で作ると、この定款にかかる収入印紙が不要になります。
ココで必要なのは4万分の印紙ですから、会社設立費用がそれだけ安くなります。
合計して20万2000円で株式会社を作れることになりますね。
こちらの方がいいと思う方が大半かもしれませんが、電子文書での定款は作成するために特殊な環境が必要で、そのためにまた別に費用がかかることが多いですね。
場合によっては、紙の定款を自分で作ったときとあまり変わらないこともあります。
ですから、会社設立にかかる費用は基本的に24万2000円ほどを基準にするといいでしょう。