会社設立における機関とは何か? - 名古屋での会社設立に必要なことって?

HOME » 名古屋で会社を設立するなら » 会社設立における機関とは何か?

会社設立における機関とは何か?

 

今回は、会社設立を考えている人向けに、会社の中で特定の役割を担う「機関」について説明したいと思います。
会社を形作る上で必要となる組織や役職を「機関」と呼びます。

株主総会、取締役、取締役会、監査役、監査役会といったように、これらの役職や会議体は、会社の中で決められた役割を担い、会社という組織を正常に機能させています。
株式会社をこれから設立しようと考えている人の中には、取締役と代表取締役、監査役などの役割について、詳しくない人もいるでしょう。

取締役というのは、会社の業務執行を決める役員のことで、株式会社の場合は、取締役を最低1人は置かなければなりません。
一人株式会社の場合だと、代表取締役が取締役の役割を兼任する場合があります。
この場合は取締役会を設置することができません。

この他には、監査役といった役割を設置することもあります。
監査役とは、取締役の業務を監視して、正しく業務が行われているかを監視する役割を担っています。
大きな会社になればなるほど、不正が行われるリスクもあるので、監査役を置いて不正が行われるのを防ぐのが目的となっています。
いわゆるお目付け役ということになり、大きくなった組織内部を腐敗させないためにも、かなり重要なポストになります。
ちなみに、株式非公開会社の場合は、必ずしも監査役を置く必要はありません。

このように、会社は、各機関の存在によって、その運営が成り立つようにできています。
いわば、建物のパーツのようなもので、それぞれの役割を担う役職が機能してこそ、会社が正常に運営されるようになります。

ただ一人株式会社を立ち上げる場合は、 ここまで大きな機関を設置する必要ありません。
とりあえずは代表取締役が取締役を兼任して、業務の決定権を担います。
ここで説明した内容は、あくまで今後事業を拡大していった時に必要となる事柄です。

法人化して組織が大きくなっていくと、こまかな事柄まですべて自分で決めていては、とてもじゃありませんが、身が持ちません。
適材適所に人と役職を配置して、代わりにやってもらうことが肝心となります。

そう考えると法人化する分岐点は、人を上手く采配できるようになっているかどうかが、重要なのかもしれません。
他にも税務処理や会計処理など、様々な雑務をこなしてくれる人間を雇っていく必要性が、この先訪れるかもしれません。
その時のために、これまで個人事業主として事業をやってきた人は、チームプレーを意識していく必要があるでしょう。