名古屋での会社設立の方法 - 名古屋での会社設立に必要なことって?

HOME » 名古屋で会社を設立するなら » 名古屋での会社設立の方法

名古屋での会社設立の方法

名古屋で会社設立するときの方法は、定款を作成したあと、それを関係機関に提出することです。
法務局での登記まで終われば、会社設立も完了です。
コレが基本的な方法で、これ以外の方法はありません。
定款を作成しなかったり、公証役場や法務局などへの申請をしなかったりすると会社設立はできませんので、注意してください。

このような基本的な方法に比べて、フローが少し変わることがあるのは、定款を電子文書で作ったときです。
このときも大きな流れは変わりませんが、具体的な手続きの流れが少し変わります。
まず定款の電子文書とは、定款を印刷せず、電子データ上だけで仕上げたもののことです。
普通の電子データ文書と違い、公の電子署名などもつけた客観性の高いもので、作るためには特定のPC環境が必要になります。
コレをきちんと作れた場合、公証役場へ提出する定款については、印刷の必要はありません。
電子データ上で作ったその書類を、そのまま提出すればOKです。

このときの提出方法は、公証役場への直接の持ち込みではありません。
紙の定款を作った場合はそのような手続きになりますが、電子定款の場合は専用のソフトを使ったオンライン提出となります。
提出用のソフトは国が無料で配布しており、専用サイトからダウンロードできます。
それを使って提出してください。
このとき、提出する公証役場は変わりません。
名古屋で起業するなら、提出先となる公証役場は名古屋を管轄する支部です。
そこ以外の公証役場に提出しても認証は終わりませんから、間違えないように注意してくださいね。

名古屋の公証役場にきちんと提出できたら、あとは認証が終わるのを待ちます。
終わったら連絡がありますので、そのあとで公証役場を訪ねます。
ここで認証してもらった定款の受け取りと、それにかかった手数料などの支払いが必要です。
このときに必要になる書類等もあり、ここは紙の定款で手続きしたときとあまり大きくは変わりません。

電子定款で会社設立する場合、このようにやや特殊な手続きフローとなりますが、ここ以外の部分は変わりません。
あとは名古屋の法務局で登記が終われば、会社設立が完了します。