名古屋で会社を設立するならの記事一覧 - 名古屋での会社設立に必要なことって?

HOME » 名古屋で会社を設立するなら

名古屋で会社を設立するなら

会社設立は即日でできるの?

 

・即日での会社設立は可能?
結論を言えば、即日での会社設立は可能となっています。
つまり、「そうだ!会社を始めよう」と思って、必要な手続きと申請さえ行えば、今日からでも会社として始めることはできるということです。
当然、作成しなくてはならない定款や事業内容などもあるので、その日の朝に思いついてその日の夜までに会社設立をするというのは難しいです。
多くの場合は数日から数週間、数か月と構想を練り、その上で手続きや申請を行っています。
ちなみに、ここでいう即日での会社設立というのは、あくまでも手続きや申請が即日で完結するということです。
それ以外の事業の面では色々と考えておかなくてはならないことも多いです。
会社設立の前に資金集めが必要となりますし、場合によっては人材集めも必要となります。
さらには店舗や事務所の吟味も必要となってくるでしょう。
即日で会社設立が可能なことは可能ですが、必要となる準備などが多いことは理解しておくことが必要となってきます。

 

・即日会社設立が可能な地域は限定的
即日で会社設立をすることは可能なのですが、これは地域によって違ってきます。
それぞれの自治体ごとに決まっているし、市町村によっても違ってくるでしょう。
それこそ、それぞれの地域ごとに勝手に会社設立をされては困るので、国も即日会社設立が可能な地域というところは、限定的にしているのです。
そこは理解していないといけませんし、原則としてその地域でしか即日会社設立できません。
そうなってくると「じゃあそこで会社設立をすれば良いか」と思うかもしれません。
ただ、拠点となる地域を限定するというのは、その後の動きづらさに直結してくるでしょう。
まずは本当に必要な会社設立のエリアを考えて、その上で手続きや申請を行ってください。
ちなみに、どこでもできるというわけではないので、自分が会社設立をしようと思っているエリアの情報は調べておくことが必要です。

 

・会社設立は地域で違う
会社設立に関するルールやマナーというのは、地域によって違ってきます。
もちろん、基本的なルールやマナーは国が定めた会社法によって決まっています。
その他、会社設立関連の法律によっても決めているのです。
ただ、地域によって発展具合も違ってきますので、国の支持に従うことが必要です。
特にこれらについてわからないことがある場合は、専門家にも相談してみてください。
即日会社設立をしたいなら、専門家に任せるという方法もあります。
煩雑な手続きや申請を自分で行うのなら、専門家にやってもらった方が早いことも多いですからね。

会社設立に必要となる印紙代

 

会社設立を行う際に必要となってくるのが、各種手続きや各種申請でかかってくる費用となっています。
実際に会社設立を行う際には、定款認証代や印紙代が必要となる他、登録免許税や登記簿謄本代、印鑑証明書代などが必要となってきます。
また、それらの他にも行政書士や司法書士、税理士に相談する場合はその費用も必要です。
会社設立の場合は、単純に事業に使う資金だけで良いと思っているかもしれませんが、設立するだけでも、多くの費用が必要となることを理解しなくてはなりません。
もちろん、それらの手続きや申請をクリアしなければ会社設立を認めてもらうことはできないため、実際には費用も意外と高くなることがあります。
巷では1円起業などの言葉が人気となっていますが、実際に1円で起業することはできません。
会社や企業としてやっていくなら、前述の通り色々な費用がかかりますし、店舗や事務所を持つ場合にも費用は必要ですし、人材を使うならその費用もかかるのです。

ただ、これらの費用に関しては、色々と工夫することで抑えることも可能と言えます。
特に会社設立の際に必要となってくる印紙代などは、電子認証を取り入れることで節約することが可能です。
もともと印紙代というのは、会社設立の際には4万円ほどかかります。
しかし、電子認証を行う場合はそもそも印紙代が必要ではないので、その分を節約できるのです。
これは株式会社の設立に関しての話ですが、他の場面でも近年は電子に移行することで節約することができる場面も多々あります。
それらを活用すれば、会社設立までのコストが削減できるのではないでしょうか。
そういう点もまずは考えておくことが必要となります。

なお、これらの相談に関しては司法書士や行政書士、税理士を活用するのが良いです。
もちろん相談すれば費用がかかるのですが、会社設立に必要となる作業などもサポートしてもらうことができますし、その間に運営する人や経営する人は、他の準備を進めることもできます。
結果的に効率よく会社設立を行い、スムーズに事業を展開していけるようにすれば、より得られる利益や収益も多くなっていくのではないでしょうか。
まずはしっかりと相談してみて、信頼できる専門家を見つけておきましょう。
信用できる専門家であれば、近年は無料相談の乗ってくれるところも多いです。
そこで相談してみて、今後も付き合いたいと思えば継続して依頼してみてはいかがでしょうか。

会社設立における事業目的の内容!事業目的にない場合は事業が出来ない!?

 

会社を設立するにあたり、事前に必要事項について考えをまとめておいたほうがいいでしょう。
一番面倒なことを先に決めておくと、スムーズに会社を設立させることができると思います。
会社を設立するのに一番面倒となることと言えば、定款の作成です。
そこで、事業目的の内容について詳しく見ていきましょう。

・事業目的に記載していない事業を行うことは出来ない!
会社の設立を行うとき定款の作成を行い、認証を受けなければなりません。
定款の作成では会社の名前や事業目的などについて記載していくのですが、適当に書いてしまうと後で後悔してしまうことになるので注意しましょう。
そもそも、事業目的とは自分の会社は何で利益を得るのかを示したものになり、事業目的の内容に記されていない事業については行うことが出来ません。
事業目的の内容を記載するときはメインの事業となるものを記載し、まだ明確に事業を行うわけではないが将来こういった事業を行いたいというものがある場合は、将来行いたい事業についての項目で記載するようにしましょう。

・定款の変更についての内容!
定款に記載した事業目的の内容は、必要に応じて変更をすることができるとされています。
これにより、事業目的の内容を変更することが出来るため、会社設立時に事業目的にしなかったものでも変更の手続きを行えば事業が行えるようになります。
しかし、勘違いをしてはいけないのが、定款の変更は書き換えではないという点です。
これは第三者が勝手に内容を書き換えないようにしたもので、最初に認定を受けた定款を原始定款と呼び、変更をしたものと照らし合わせることが出来ます。
事業目的の内容を短期間でコロコロ変更してしまうと、事業目的の内容に沿っているとはいえ信用を失うことになってしまうので注意しましょう。

このように会社設立をするとき、事業目的として記載した内容に記されていない事業については実施することが出来ません。
事業目的の内容を記載するときはメインの事業だけでなく、将来行いたい事業についても明確に記載しておきましょう。
これらを明確に記載しておくことにより、新たな事業を行えるようになります。
仮に、事業目的の内容を変更して新たな事業を行いたいという場合は、定款の変更を行いましょう。
定款の変更するときは株主総会で特別決議が必要になり、法務局へ定款の変更の登記申請を行わなければなりません。
費用としては3万円程度でできるのですが、株主総会や手続きなどが面倒なので事業目的の内容についてはよく検討してから決めましょう。

会社設立における機関とは何か?

 

今回は、会社設立を考えている人向けに、会社の中で特定の役割を担う「機関」について説明したいと思います。
会社を形作る上で必要となる組織や役職を「機関」と呼びます。

株主総会、取締役、取締役会、監査役、監査役会といったように、これらの役職や会議体は、会社の中で決められた役割を担い、会社という組織を正常に機能させています。
株式会社をこれから設立しようと考えている人の中には、取締役と代表取締役、監査役などの役割について、詳しくない人もいるでしょう。

取締役というのは、会社の業務執行を決める役員のことで、株式会社の場合は、取締役を最低1人は置かなければなりません。
一人株式会社の場合だと、代表取締役が取締役の役割を兼任する場合があります。
この場合は取締役会を設置することができません。

この他には、監査役といった役割を設置することもあります。
監査役とは、取締役の業務を監視して、正しく業務が行われているかを監視する役割を担っています。
大きな会社になればなるほど、不正が行われるリスクもあるので、監査役を置いて不正が行われるのを防ぐのが目的となっています。
いわゆるお目付け役ということになり、大きくなった組織内部を腐敗させないためにも、かなり重要なポストになります。
ちなみに、株式非公開会社の場合は、必ずしも監査役を置く必要はありません。

このように、会社は、各機関の存在によって、その運営が成り立つようにできています。
いわば、建物のパーツのようなもので、それぞれの役割を担う役職が機能してこそ、会社が正常に運営されるようになります。

ただ一人株式会社を立ち上げる場合は、 ここまで大きな機関を設置する必要ありません。
とりあえずは代表取締役が取締役を兼任して、業務の決定権を担います。
ここで説明した内容は、あくまで今後事業を拡大していった時に必要となる事柄です。

法人化して組織が大きくなっていくと、こまかな事柄まですべて自分で決めていては、とてもじゃありませんが、身が持ちません。
適材適所に人と役職を配置して、代わりにやってもらうことが肝心となります。

そう考えると法人化する分岐点は、人を上手く采配できるようになっているかどうかが、重要なのかもしれません。
他にも税務処理や会計処理など、様々な雑務をこなしてくれる人間を雇っていく必要性が、この先訪れるかもしれません。
その時のために、これまで個人事業主として事業をやってきた人は、チームプレーを意識していく必要があるでしょう。

 

会社は2種類ある?

起業を考えるとき、作る会社にも2種類あるのを知っていますか?
株式会社と合同会社の2種類です。
これらは日本全国どこでも作れる会社で、もちろん名古屋での会社設立でも好きな方を選べます。
どちらを選ぶかで作る会社の特徴も変わりますし、手続きフローも変わります。
この点も知っておくといいでしょう。
≫ 『会社は2種類ある?』

代行サービスがおすすめ

名古屋での会社設立手続きを知ると、自分ですべてできるか不安に思うこともありますよね。
そんなときのために手続き代行サービスもありますから、安心してください。
このサービスを使えば、起業手続きなどを何も知らなくても困りません。
このサービスを使うと、手間のかかりやすい会社設立の手続きを代わりにやってくれます。
利用者の側でやる必要のあることがかなり減りますので、手続き面での負担がグッと軽くなります。
≫ 『代行サービスがおすすめ』

名古屋では会社設立サポートは受けられる?

名古屋での会社設立に興味はあっても、起業できるイメージがまだ曖昧な方も多いでしょう。
そんなときはサポートを利用できると心強いですよね。
そのようなサービスは、名古屋にたくさんあります。
自力での会社設立に自信がない方は、これらサポートの利用も考えるといいです。
≫ 『名古屋では会社設立サポートは受けられる?』